【葉一×グローバルティーチャー】オンラインは定着するか?

With/Afterコロナ時代のオンライン教育をテーマに行われた教育系YouTuberの葉一氏と、教育界のノーベル賞といわれる「グローバル・ティーチャー賞」のファイナリストである髙橋一也氏(工学院大学附属中学校・高等学校ラーニング・マネージャー)、堀尾美央氏(滋賀県立米原高等学校総務課主任)、正頭英和氏(立命館小学校教諭)によるオンラインでの座談会。最終回は、With/Afterコロナ時代にオンライン教育を定着させていくためには、どうすればいいのかを議論した。(司会・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
この特集の一覧
葉一×グローバルティーチャー With/Afterコロナ時代のオンライン教育

やりたい人がまずやってみる
――参加者の方から質問がきています。「周りの先生のオンライン教育への積極性を高めていくには、校内研修で具体的に何を伝えればいいのでしょうか」という相談です。
正頭 「コロナ禍だから」という、これ以上の理由はないと思います。

東日本大震災の時に、東北エリアでオンライン教育をやっていこうというムーブメントが少し起こりました。ただ、その時は一部の地域だったということと、今ほどインフラが整っていなかったこともあり、流れてしまったんです。

今回のコロナ危機は、日本全体で起こっていることですし、インフラ面もかなり整ってきています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。