【北欧の教育最前線】スウェーデンで広がるeスポーツ教育

北欧諸国の放課後活動の様子を紹介するこのシリーズ、3回目はスウェーデンのeスポーツを取り上げる。スウェーデンの子供たちの放課後活動といえばサッカーが圧倒的な人気で、フロアホッケー、乗馬、器械体操、水泳、テニスと続く。週に一度以上、運動をしている生徒は中学校で67%、高校生では74%に達する。ここに割って入るようにして、サブカルチャーとみられてきたeスポーツがメジャーになりつつある。

民主的・開放的なスポーツ競技へ
スウェーデンの国語審議会が「e-sports」を「新語」に登録したのは2013年のことだ。eスポーツはコンピューターやテレビゲームを使って他者と競い合うことを目的とするが、ポーカーなどの賭博は含まれない。17年には世界で2億人以上のプレーヤーがいるとされ、スウェーデン国内でも競技人口が急速に増えている。

スウェーデンではeスポーツ協会が発足し、全国体育協会に加盟している。サッカーやフロアホッケーと同じように、健全なスポーツ競技として社会的認知を広げようとしている。

eスポーツ協会を構成する地域クラブでは、14年に「行動規範(Code of Conduct)」を策定した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。