コロナで深刻化する子供の貧困 奮闘する地域の取り組み

コロナ禍は、家庭にもさまざまな影響をもたらしている。特に、突然の一斉休校は、ひとり親家庭や経済的に困窮している家庭に大きな打撃を与え、今後、子供の貧困問題の深刻化が懸念される。昨年に閣議決定された子供の貧困対策大綱では、学校のプラットフォームとしての機能を強化し、リスクを抱えている子供を早期に発見し、関係機関と連携して対応することがうたわれている。学校や教師は子供の貧困問題に何ができるのか。さまざまな家庭とつながり、支援しようと奮闘する地域の多様な取り組みから、そのヒントを探った。

弁当配布でつながり広がる子供食堂
土曜日の昼下がり、住宅街の中にある古民家カフェののれんをくぐると、中には所狭しとおいしそうなおかずが並び、数人のスタッフがそれを弁当箱に盛り付けているところだった。

さいたま市緑区にある「さいたま子ども食堂」では、コロナ危機で子供食堂としての通常の活動ができなくなった4月以降、毎週土曜日に弁当の配布を実施している。希望する家庭は500円で利用することができ、家族の人数分の弁当の他に、手作りスープや企業から提供された食品などももらえる。

この日の弁当は100食以上。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。