【学校に空き容量をつくる】何から始めるとうまくいく?

全員が午後6時45分までに退勤、職員会議の廃止、大学附属校なのに独自研究を基にした公開研の廃止、夏と冬に各10日連続の閉庁日の実施――。50項目以上の業務を見直し、削減した大分大学教育学部附属小学校の学校改革が今、多くの教育関係者から注目されている。2015年度の改革スタート時から同校に赴任し、昨年度からは校長を務める時松哲也氏へのインタビューでは、かつて「ブラック」な職場と言われて異動希望者が集まらず、存続さえも危ぶまれていた同校が不退転の覚悟で挑んだ学校改革の全貌に迫った(全3回)。
この特集の一覧
学校に空き容量をつくる! 大分大学教育学部附属小学校の働き方改革

学校存続が危ぶまれ、始まった大改革
――ここまで大胆な学校改革が始まったきっかけは、何だったのでしょうか。
本校の学校改革は、2015年度から始まりました。以前より、文科省は全国の国立大学附属学校に改革を求めていましたが、中でも本校は文科省が指摘する課題が山積しているような状況でした。当時は人事交流も停滞し、存続も含めて厳しいような状況でした。

改革が始まる前まで、本校の教員は日々研究にまい進し、分厚い研究紀要をまとめ、土日に出勤するのが当たり前で、不夜城のごとく朝から晩まで働いていました。

伝統的に行われていた多くの独自行事とその準備にも、多くの時間とエネルギーがかけられていました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。