【学校に空き容量をつくる】持続可能な学校改革を

50項目以上の業務を見直すなど、大胆な学校改革を進めてきた大分大学教育学部附属小学校。教職員の負担が減り、子供たちと向き合う時間が大幅に増えたことで、さまざまな変化が学校にもたらされたという。時松哲也校長へのインタビュー最終回は、改革後に現れた子供たちの変容と、コロナ禍において新たに進めている業務改善について聞いた(全3回)。
この特集の一覧
学校に空き容量をつくる! 大分大学教育学部附属小学校の働き方改革

教職員の資質・能力、学校力が向上
――学校改革を始めて以降、どのような変化がありましたか。
改革を始めてから、われわれの取り組みがどうだったのかについて教員の声を集めたり、可能なものはデータを取ったりするなどして、エビデンスを示すようにしています。

まず、本校の学校改革においてミッションの一つである「地域教育への貢献」、つまり県内の公立校の役に立つ授業改善ができているかについては、毎年、セミナーという形で公立校の先生方に授業を見ていただき、その後に追跡調査を行っています。それによると、セミナー後に「実践に使った」という回答が74%に上っています。

また、子供たちの変化でいうと、2014年度から行っている自己他者肯定感テストの結果が、少しずつですが確実に上がってきています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。