【北欧の教育最前線】LGBTQ+関連のイベントと学校

北欧は性的マイノリティーの権利に関して先導的に取り組んできた。ストックホルムでは、毎年プライドパレードが行われる。これはLGBTQ+が社会の一員であることを示し、それぞれの生き方を尊重するための社会運動だ。今回はプライドの様子や学校とのかかわりを紹介する。

老若男女が楽しむお祭り
2018年7月末に「ユーロプライドストックホルム(Euro Pride Stockholm)」という1週間のイベントが開催された。毎年開催されるストックホルムプライドに、欧州の都市が持ち回りで行う「ユーロプライド(Euro Pride)」の開催が重なった形だ。プライドは、LGBTQ+(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クィア他)に対する社会の理解向上をうたう祭典である。

中心部に設けられた「ユーロプライドハウス」という会場では、LGBTQ+に関するセミナーや討論会などが行われた。スウェーデンで初めて性的マイノリティーの人々にフォーカスした法律事務所による無料の法的相談会や、ゲイの合唱団によるワークショップも開催された。

「ユーロプライドパーク」という会場では、さまざまな企業のブースが設置されていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。