【旅する先生】世界中の学校で教壇に立つ旅

世界20カ国40校の学校を巡り、「教育実習」をしてきた平岡慎也氏。その後は教職志望の学生が海外で教育実習を受ける「Global Teacher Program(GTP)」を企画・運営し、4年間で延べ200人以上の若者を羽ばたかせてきた。海外の教育を肌で感じた平岡さんが行き着いたのは、「教育に当たり前はない」という結論。教育を志した青年が世界の学校でどんな挑戦をし、日本の学校教育をどのように捉えたのか。全3回のインタビューを通し、平岡氏が思い描く学校の未来に迫る。
この特集の一覧
20カ国の学校を巡った旅する先生

20カ国で教育実習
――平岡さんは学生時代に単身で海外に渡り、現地の学校を訪れ、「教育実習」をしてきたのですよね。
はい、大学3年生の時に1年間かけて20カ国、約40の学校を訪問し、「教育実習」をしてきました。

きっかけは、大学1年生の授業で「日本と北欧のIT教育の違いについて」というプレゼンテーションが課題に出たことです。最初は「北欧」と聞いてもイメージが湧かず、インターネットや図書館の資料を使っていろいろと調べました。ネットで検索すると、「宿題もテストもないのに、学力が世界一の国」という見出しが飛び込んできました。そんな夢のような国があるのかと、衝撃を受けました。フィンランドのことです。

しかし、よく調べてみると、「実は宿題はある」などと情報が入り乱れていました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。