【13歳からのアート思考】自分なりの視点を取り戻す

ネットやSNSが台頭する現代、私たちは「自分なりの視点」を喪失しつつあるのではないか――。話題の書籍『13歳からのアート思考』の著者であり、中学校・高校の美術教師をしてきた末永幸歩氏はそう指摘する。自分なりの視点を思い出すカギは「アート思考」。「自分なりの答えをつくる」ためのワークを、多感な年代である中高生に向けて実践する末永氏に、子供たちが「自分なりの視点」を取り戻すための教師の役割や授業の在り方について聞いた。

学校の中で手段が目的化している
――なぜ学校現場で、「アート思考」に着目するようになったのでしょうか。
作品の出来栄えや完成度に評価の重点が置かれた、現状の美術の授業に疑問を抱いたことがきっかけです。

例えば、多くの学校では、校内に児童生徒の美術作品を展示する学習発表会のような行事があります。そこで教員が最も重きを置くポイントは、子供全員が作品を完成させて、展示すること。もちろん子供も作品を完成させることが、評価のポイントになっていると認識しています。つまり作品を生み出す過程で子供が何を考え、感じたかよりも、最後のアウトプットである「完成品」に注目しているのです。

絵であればキャンバスの全てが絵の具でちゃんと塗られているか、彫刻だったら全体に手が入っているかといった点が「完成」を判断する一つのポイントとなっていることにも違和感を覚えました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。