【相次ぐ爆破予告】卑劣な犯罪から子供を守る

学校をターゲットにした爆破予告が相次いでいる。10月16日には和歌山県新宮市の問い合わせフォームに「市内の高校2校や小中学校10校に火炎弾を撃ち込む」といった脅迫メールが届いた。市は予告日である20日、標的とされた学校を臨時休校にする措置をとった。この他にも、全国各地で学校や児童生徒の安全を脅かす「脅迫メール」が続発するという、“異常事態”が続いている。学校はこの卑劣極まりない犯罪行為と、どう対峙(たいじ)し、児童生徒を守り抜くべきか。犯罪心理学専門で、東京未来大学こども心理学部長の出口保行教授にアドバイスを聞くとともに、各自治体や学校が策定する危機管理マニュアルからヒントを読み取る。

エスカレートする脅迫内容
長期に渡った一斉休校がようやく明けた6月8日、東京都世田谷区のある小学校では、ヘルメットにマスク姿の児童と教職員がグラウンドに集まっていた。照り付ける太陽の下、グラウンドは異様とも感じられるほど、張り詰めた空気に包まれていた。

「世田谷区と渋谷区の学校30校を6月8日午前10時30分に爆破する」――。この数日前、区内の学校は何者かから爆破予告を受けた。標的になった同小では、予告された時刻、通常授業を取りやめ、児童らをグラウンドに避難させた。

この爆破予告を皮切りに、現在に至るまで、全国の小中高、大学をターゲットとする「脅迫行為」が後を絶たない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。