【山本崇雄×石黒和己】想定外の未来をつくる力を育む

大きな変革のチャンスと言われる学校教育。コロナ禍の混乱も日に日に落ち着きを取り戻しつつある一方で、渦中には見えづらかった新たな問題点や懸念点も浮き彫りになってきている。そんな中、教育新聞では9月11日、一斉休校下でいち早くオンラインでの対話型授業を実践するなど斬新な改革を次々に実現し続ける新渡戸文化中学校の山本崇雄教諭と、公立学校と二人三脚で学校改革を進めるNPO法人青春基地の石黒和己代表を招き、オンライン対談を実施した。学校現場の最前線で子供たちと向き合う両氏に、改めて理想の教育について語ってもらった。(全3回)
この特集の一覧
 ・「変えてもらう」より「変える」教師に
教育で寛容な社会をつくる

――現在のご自身の活動内容を含め、自己紹介をお願いします。
山本 私は現在、新渡戸文化学園の他に週1日、横浜創英中学・高等学校に教育アドバイザーとして勤務しています。その他にもさまざまな民間企業と契約を結び、アドバイザー的な立場で教育の観点から助言をしています。兼業教師のような勤務形態を選んだのは、リアルな社会の変化を私自身が肌で感じながら必要な教育をつくっていきたいと思ったからです。

メインで勤務する新渡戸文化学園では、育てたい生徒像として、自分や周りを幸せにする「Happiness Creator(ハピネスクリエイター)」の育成を打ち出しています。そのために、自分をコントロールしながら幸せをつくっていく人材、自律した人材を育てることを目標として、3つのCからなる新しいカリキュラムを作り、授業改革を進めています。3つのCとは具体的に、SDGsなど社会課題に挑戦する学びを実践する「Challenge Based Learning」、教科を横断する「Cross Curriculum」、個別最適化のコア学習「Core Learning」のことです。

コロナ禍で、学校に限らず不寛容な社会の在り方が浮き彫りになったように思います。現場ではオンライン授業ができるかできないかで、とても混乱しましたし、社会全体を見ても、SNSでは批判や誹謗(ひぼう)中傷がますますひどくなっています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。