【北欧の教育最前線】教師がタトゥーは「あり」?

全身タトゥーの男性が幼稚園児の指導を禁止されたというフランスのニュースが、ネット上をにぎわせている。スウェーデンでも近年、大小さまざまなタトゥーを目にすることが増えたが、教師のタトゥーには賛否両論がある。どんな議論が行われているのだろうか。
この連載の一覧
 ・北欧の教育最前線
学校での服装
スウェーデンのほとんどの学校には制服がないが、服装に関しては、さまざまなものが議論になってきた。短いスカート、ジャージ、帽子が授業の場に適切かどうか――などだ。その他にも、ウエストポーチ、ピアス、髪のカラーリングなど、外見はいつも論争の種だ。そして最近議論になっているのが、教員のタトゥー問題である。特に、校長がタトゥーを入れることの是非だ。

学校のリーダーであり、子供たちに手本を示す立場である校長に対して、「タトゥーはそぐわない」「入れるとしても小さいものに限る」といった意見は根強く存在する。身体に傷をつけるために嫌悪感を持つ人もいるし、不気味な印象を持つ人もいる。

一方で、寛容な意見も広がってきている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。