【山本崇雄×石黒和己】子供と一緒にルールを作る

「教えない授業」で知られる新渡戸文化中学校の山本崇雄教諭と、公立高校を舞台に学校改革を進めるNPO法人青春基地の石黒和己代表。両氏は一斉休校下の混乱をどう乗り越え、そこから何を得たのだろうか。オンライン授業、危機管理、組織体制、ルールの在り方…。オンライン公開対談の第2回では、ウィズコロナの学校教育においてキーワードになるであろう事柄について議論を深めるとともに、これからの教師に求められる役割について語り合ってもらった。(全3回)
この特集の一覧
 ・「変えてもらう」より「変える」教師に
休校中に生まれた学ぶ意欲

――コロナ禍の学校現場の混乱をどう見ていましたか。

山本 学校にとどまらず、社会全体の課題が浮き彫りとなりましたね。

一斉休校で子供たちは学校に来られなくなり、膨大な空白の時間が生まれました。その時にさまざまな欲求が生まれたでしょう。「友達に会いたい」や「学校に行きたい」、そしてまさかの「勉強したい」まで。こうした現象は、子供たちが本来、学びたいという欲求を持っている証拠のように思えます。

その中で教師はオンライン授業をはじめ、「学びを止めない」というスローガンの下、さまざまな工夫を試みてきました。ただ、問題は「学びを止めない」の主語が誰なのかです。実は多くの場合、主語が先生で、「教えるのを止めたくない」だったのではないでしょうか。オンライン授業に限らず、子供たちが主語の「学びを止めない」になっていたのか、振り返ってみてください。

一斉休校の時にできなかったことを思い返すと、一斉講義型の授業、全員が参加する学校行事、児童生徒の評価などが挙げられます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。