ウィズコロナのキャリア教育 新たなやり方、これからの視点



新型コロナウイルスの感染拡大は、これまでの仕事のやり方を変える転機にもなった。職場体験学習をはじめ、さまざまな形で行われてきたキャリア教育も、オンラインの活用などにより新たな可能性が広がっている。ウィズコロナ時代をどう生きるか――。答えのない問いと向き合う子供たちをサポートすべく、企業などと連携しながら、新しいキャリア教育の在り方を模索する現場の取り組みを追った。




憧れの職業に就いた人とつながる

制服に身を包んだパイロットや医者、サッカー選手、アナウンサー…。小中学生にとって憧れの職業に就く人たちが、オンライン上の画面にズラリと並ぶ。

キャリア教育プログラムを提供する「Blueberry」では、コロナ禍を契機に、さまざまなプロフェッショナルと子供たちをオンラインでつなげ、仕事をテーマに交流する取り組みを始めた。この日は、東京都渋谷区立臨川小学校(小林繁校長、児童342人)の6年生が取り組んでいる「ドリカムプロジェクト」の一環で、さまざまな職業人が子供たちの質問に答える授業が企画されていた。

授業が始まる直前、画面が映し出されると、子供たちはモニター越しに現れた憧れの存在に早くも興味津々。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。