【カタリバ今村久美氏】学校の先生に教育を丸投げしない



子供たちをリアルな社会の出来事に触れさせたり、外へ連れ出したりしたいという思いはずっと変わらない――。そう語る認定NPO法人カタリバの今村久美代表理事。日本中の10代の意欲と創造性を引き出せる社会を目指し、大学時代に立ち上げた組織は、もうすぐ20年を迎える。インタビューの最終回は、これまでの活動を振り返りながら、子供たちを取り巻く環境の変化や、子供たちを誘い出すための仕掛けについて聞いた。(全3回)
この特集の一覧
10代に伴走する カタリバ20年の軌跡
岩手・山形・熊本の3校で探究活動
スクールカーストを24時間持ち歩く子供たち

――カタリバを立ち上げてから20年がたとうとしていますが、時代とともに学校や子供たちへの関わり方は変わってきましたか。

創業した2001年から2010年までは「学校に社会を運ぶ」を、2011年から今年までは「学校を社会に開き、10代の日常に伴走する」をテーマに活動を続けてきました。

最初の10年は、今よりもずっと学校が社会と隔離されていて、先生以外の人が授業の中に入ることはほとんどありませんでした。それを変えたくて、「出張授業カタリ場」など、いろんな人を学校に連れていくような活動を中心にやっていました。

その後、カタリバの活動は、2011年の東日本大震災を機に大きく変化します。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。