【仁禮彩香氏】”振り切った教育”をつくり続ける理由



子供たちが自分の才能や個性を発揮し、生きることに喜びを感じられる社会をつくりたい――。小中高生の「未来を切り拓く力」を育むことを目指す教育プログラム「TimeLeap Academy」の仁禮彩香代表はそう話す。現役の大学生であり、小学校時代から既存の教育を変えるためにアクションを起こし続けてきた仁禮氏に、インタビュー最終回では、学校関係者や今を生きる子供たちに伝えたいことを聞いた。(全3回)
この特集の一覧
 ・中2で起業「学校をつくる」現役大学生の挑戦
「格差」を言い訳にしない
――仁禮さんは今の小中高生について、どのように感じていますか。
教育環境の2極化が起きているように感じます。私たちが運営するアカデミーのように自分に合った教育や質の高い教育を受け、自分の才能に気付いて発揮できる子供も一握りですがいて、そうした子は自己認識も自己表現力も高い状態で、社会に飛び立つでしょう。

一方でそういった教育に触れることなく、ずっと問いと答えを与えられ、テストの回答だけを追い続けてきて、就職活動のタイミングで初めて「あなたはどんな人ですか?」と問われ混乱する人もいます。

後者の方が、日本ではマジョリティーですよね。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。