「子供のために力になる」 コロナ禍で変わるPTA活動

新型コロナウイルスの影響で、これまで通りの活動が困難になったPTA。各地のPTA協議会など、64組織が加盟する「日本PTA全国協議会」では、コロナ禍をどのように捉え、今後の活動の在り方を考えているのか。特集の後半では、清水敬介会長に、これからのPTA活動の在り方や目指す方向性などをインタビューした。
この特集の一覧
 ・コロナ禍で変わるPTA活動
リモート活用で参加の敷居を低く
――コロナ禍で学校が休校となり、保護者の働き方も変わりました。各地のPTAはどのように乗り切ったのでしょうか。
全てのPTAに話を聞いたわけではないので、あくまでも私の推測ですが、全てのPTAがこのコロナ禍を乗り切れたかと言えば、正直そうではないと思います。今年度の活動は中止にせざるを得ないところも、少なくないのではないでしょうか。その一方で、対面での活動ができない中で、役員会や講演会をリモートで行うなどの工夫を始めているPTAも出てきています。

全国協議会では、8月下旬に富山県で開催予定だった全国研究大会を断腸の思いで中止にしましたが、関東ブロックや近畿ブロックの協議会はリモートでの研究大会を開催しました。講演などはYouTubeで配信しましたが、これまで休日に会場へ出向けなかった人が空き時間に視聴できるようになるなど、敷居が低くなったように感じています。

今後は、コロナが収束したとしても、リモートを活用したハイブリッド型の研究大会が主流になるでしょう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。