【先生になる理由】先生になって先生を変える

先生を目指す人が減る中で、熱い思いを持って先生になったルーキーがいる。東京都東久留米市立南町小学校の小泉志信教諭は、学生時代から学校教育を考えるコミュニティーを運営するなど、未来の教育の可能性を広げる活動を続けてきた。その中で、周囲から幾度も投げ掛けられた「先生なんかになるの?」との言葉に、世間が先生を評価していない現実を突き付けられ、もどかしさを感じていたという。第1回は、小泉教諭がどんな思いを持って「先生」になろうと決めたのか、実際に現場に入ってからどんな葛藤を感じたのかなどを聞いた。(全3回)
この特集の一覧
 ・いま「学校の先生」になる理由 1年目の僕が伝えたいこと
「教育=学校」と捉えがち
――学生と若手教員のスキルアップや視野を広げるような活動に、大学時代から取り組まれてきたそうですね。
教職大学院1年生の時に、教員を目指している学生を対象とした団体「せんせいのたまご」を立ち上げました。

「教員を目指す学生=未来の先生」に、より広い視野を持って教育を見てほしいと思って、学校教育の内外からゲストを招いてイベントを行うなどしてきました。

例えば、文科省の若手官僚の方をお呼びして共に教育を考えたり、ウィズコロナ時代の学級づくりについて考えたりと、タイムリーなイベントも実施してきました。12月には「学びの場の可能性」を考えるオンラインイベント、「主権者教育」について考えるオンラインイベントも予定しています。

また、9月からは、教員と教育業界の若手たちの成長を、一歩先行くメンターたちがプロデュースしていくコミュニティー「Teachers Flag」も本格始動しました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。