コロナ禍の修学旅行 地域連携でリアル体験

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、実施が困難となっている修学旅行。団体での宿泊や移動を伴い、観光地などを巡ることでの感染リスクへの懸念、授業時間数の確保などの理由で、中止を決めた学校も多い。そんな中、さまざまな工夫で実施にこぎ着けた学校もあれば、修学旅行に代わる活動を実施した学校もある。各地の試行錯誤を通じて「修学旅行」の意義や在り方を考える。特集の前半では、行き先や内容を変えながらも、リアルな体験にこだわった事例を取り上げる。(全2回)
この特集の一覧
 ・コロナ禍の修学旅行
修学旅行はできるだけ実施を
教育新聞が11月9~16日の間に実施した読者投票「Edubate」では、コロナ禍での修学旅行の実施形態について217件の回答が寄せられ、▽従来通り実施する 18%▽行き先を変更する 40%▽日程を短縮する 13%▽オンラインなどの方法で実施する 3%▽別の行事で代替する 12%▽実施すべきでない 15%――との結果となった。意見は分かれたものの、何らかの方法でリアルな修学旅行を求める声が7割を占めた。

修学旅行の実施を巡っては、文科省も10月2日に「教育的意義や児童生徒の心情等を考慮」して、「近距離での実施」「旅行日程の短縮」などの工夫や感染防止対策を徹底した上で、できるだけ実施するよう求める通知を出している。

また、同日の閣議後会見で萩生田光一文科相は「修学旅行は子供たちにとってかけがえのない思い出であり、教育効果の高い活動。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。