起業家精神を育てる学部をつくる理由 伊藤羊一氏に聞く

日本初の「アントレプレナーシップ学部」が来年度、武蔵野大学に新設される。学部長に就任するのは、ヤフーの企業内大学「Yahoo!アカデミア」学長で、40万部を超えるベストセラー『1分で話せ』の著者としても知られる伊藤羊一氏。起業家精神の育成を目的とした同学部は、どのような学生を想定し、どういったカリキュラムを準備しているのか――。(聞き手・教育新聞編集部長 小木曽浩介)
この特集の一覧
 ・日本初「アントレプレナーシップ学部」をつくる理由
土台となるのは「何かをやってやろう」
――新学部が掲げているのは「起業家の育成」ではなく「起業家精神の育成」なのですね。精神を付けたのは、なぜですか。

世の中、テクノロジーの進化で格段に便利になりました。しかし、私たちが「幸せ」になったかというと、そうとも言えません。なぜなら、自殺者は減っていないし、あらゆる差別や格差、分断も広がっています。これまで人間がつくってきた世界は、そろそろ限界を迎えているのです。

では、世界が幸せになるためには、どうすればいいのか。私は、これからの社会に求められているのは、高い志と倫理観に基づき、失敗を恐れずチャレンジでき、新たな価値をつくりだしていけるような「起業家精神」を持った人物だと考えています。そうした人が増えない限り、この国はダメになってしまうでしょう。

各国と起業率などを比較しても分かりますが、特に日本には起業家精神を持った人材が足りません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。