【ドラマティーチャー】 演劇教科で生きる力を育む

部活動ではなく教科として演劇を教える教師「ドラマティーチャー」。日本ではまだ知名度が高いとは言えないが、その教育的効果について少しずつ関心が集まっている。そのパイオニアとも言えるのが、石井路子教諭だ。2004年に福島県立いわき総合高校で「演劇」教科の専任教諭となり、ドラマティーチャーとしてのキャリアをスタートさせ、現在は追手門学院高校の表現コミュニケーションコースで指導に携わる。大半の教育関係者にとって、未知の領域である演劇教育。石井教諭に、俳優やダンサーを育てるためではなく、「普通の高校生」に演劇を教えることの意義を聞いた。(全3回)

この特集の一覧

ドラマティーチャーって何?
――「ドラマティーチャー」や「演劇教育」の知名度は上がってきたと感じますか。
ドラマティーチャーとして活躍する石井路子教諭

私が取り組み始めた15年くらい前と比べると、「やりたい」「良い教育ですね」と声を掛けられることが増え、だいぶ認知度が高まってきているなと感じます。学校現場や社会が、いわゆる偏差値ベースの学力を上げるための教育ではなく、生きる力を育む教育の大切さに、少しずつ理解を示し始めているのだと思います。

ただ残念ながら、演劇教育そのものの意義については、まだ十分に理解されていません。私は福島県と大阪府の学校で取り組んできましたが、「古いものにこだわらず、新しいことをやっていこう」と言う人がいる一方で、「とはいえ、学歴は大事だよね」と言う保守的な人たちの方がいまだに多いように思います。「この先どうなるか分からないなら、とりあえず今ある形でいいんじゃないか」という声も耳にします。

――現在勤務している追手門学院高校には、2014年に着任されました。現在は、どのような取り組みをしていますか。

「表現コミュニケーションコース」の立ち上げに携わり、演劇の授業は私が中心となって展開しています。このコースは、普通科のカリキュラムに週8時間「表現」の時間を組み込んだカリキュラムになっていて、演劇4時間、ダンス4時間で構成されています。各学年で年に1回、大きな公演があります。

1年生は自分自身としっかり向き合い、自分をテーマにした一人芝居をする『自画像』公演、2年生はダンス公演、3年生の卒業公演は外部からアーティストを招いて彼らと一緒に作品づくりに取り組みます。

誤解されがちですが、私たちが行う演劇教育は、俳優やダンサーを育てるためのものではありません。リベラルアーツの側面があるとともに、表現活動を通じて相手を理解しながら自分の考えを伝えるスキルを養い、あらゆる状況に対応できるコミュニケーション能力を育むことが狙いです。ですから、成果発表が目的の公演だけでなく、老人ホームで高齢者とダンスをするなど社会包摂のための実習もあります。また、自分たちの学びがどのように社会に生かせるかについて、地域の方と対話をするなどの活動も行っています。

――「表現」と「教育」に、どのような親和性を見いだしたのですか。

社会の中で、表現やアートが果たせる役割は大きいし、可能性に満ちています。

表現は、本能の一種です。でも、社会の中で生きていると、社会性を身に付けていく過程で気持ちを抑え込まざるを得ない場面に繰り返し直面し、知らぬ間に自分自身を抑圧するようになっていきます。しかし、本来持っているその人らしさを外側に出すことで、周りに理解してもらったり、周りとつながり合えたりすることは、人間にとって必要不可欠だと思うのです。

成長過程にある中高生にとっては、特に大切です。でも、思春期真っただ中の彼らは「自分を表現するなんて恥ずかしい」という葛藤があり、多くの場合は表現をしないまま大人になり、抑圧に順応するようになってしまいます。

私が思うに、人間は良い方向に自然に伸びていく存在です。でも、抑圧や周りからの過度な期待に影響されてねじ曲がって、本来の在り方ではない方向に行ってしまうように思っています。それはとても残念ですし、その過程では言い表せられない苦しさも伴います。そうした生きづらさのようなものを、表現することで少しずつ解放していく。そうすることで、より良くありたいという精神の健康を取り戻せるということを、生徒に知ってもらいたいと考えています。

演劇の授業はまるで体育!
――授業では、具体的にどんなワークをするのですか。
授業中は、まるで体育かのように石井教諭も生徒も走ったり、踊ったり、熱気に包まれる

私の授業では体を重視するため、まず身体的な運動から入ります。生徒には「体育だ!」とよく言われますが、そこにはかなりこだわりがあります。具体的には、ストレッチと筋トレで、「立つ」「歩く」「走る」といった日常生活の中の動きをひたすら繰り返します。

例えば、生徒たちに教室内をランダムに歩いてもらいます。歩くなんて当然できると思いますが、実際やってみると、つまずいたり、ぶつかったりとなかなかスムーズに歩けません。他人の動きをよく見て、距離を取りながら、即座に判断しなければなりません。そのためには周りを見る力と、即座に反応できる運動神経が想像以上に求められます。

表現する上でも生きる上でも、人間が本来持っている生命力を生かし、体の声に耳を傾けることは大切です。しかし、体の声は実際に聞こえるわけではありません。私が授業の冒頭で「心と体はつながっている」といくら説明しても、うそっぽいと感じる子は少なくないでしょう。だからこそ、生徒たちには自分の体を通してその声を聞くという実体験を通じ、心と体のつながりに触れてほしいのです。

どうしても最初は、恥ずかしい気持ちが勝っていわゆる「演技」ができません。だからまずは跳んだり、跳ねたり、音楽に合わせて動いてみたり、できるだけ恥ずかしくない動作から入って授業を進めていきます。すると、知らいない間に「演技」ができちゃっている…となるような感じで、緻密にブログラムを組んでいます。

――最初は恥ずかしさが勝っていた生徒でも、変わっていくのですか。

そうですね。何より、精神的に健康になっていくなと見ていて思います。最初は物事を斜めに見る少しひねくれた感じの子も、まっすぐ自分の思いを伝え、他者に心を開いていきます。そうした姿を見ると、表現して他者に受け入れてもらえることが、人間にとって大切なんだなと思います。

1人芝居プログラム「自画像』

石井教諭が演劇を始めたばかりの1年生に最初の課題として出す、1人芝居プログラム「自画像」。画家が自画像を描くように生徒は自分自身と向き合い、自分をテーマにした芝居を作り上げ、教職員やクラスメート、保護者たちの前で発表する。なぜ私は生きているのか、なぜこれに興味があるのか、なぜあの人に苦手意識をもつのか――。生徒たちは、これまで知らないうちにふたをしていた自分のありのままの感情と向き合う。他者を演じることが多い演劇にとって、自分自身と向き合うことは原点とも言える。

演劇の授業を通して、生徒はのびのびとした表情を見せる

「ありのままの自分を受け入れられれば、他者を受け入れることができるかもしれない」と、石井教諭はその教育的狙いについて話す。自分を客観的に見ることで、自分の欠点や認めたくない一面と対峙(たいじ)することも少なくない。生徒はもがき苦しみながら、自分のありのままの姿を認め、表現する。そして、同じように苦しみながら自身と向き合う仲間の姿を見ながら、「悩んでいるのは自分だけではない」と気付き、物事を多方面から見る術を身に付けていく。

作品は生徒と石井教諭の対話を通じて、どんどん深みを増していく。初期段階では自分の欠点を反省するような表面的な内容が、石井教諭から投げ掛けられる問いをきっかけに客観的視点が入り込み、より細やかな内容になるという。いじめやスクールカースト、親子間のいざこざなど、周囲に打ち明けづらい「重たい」内容を盛り込み、表現する生徒もいる。

以下、「自画像」を終えた生徒の感想だ。(引用:『高校生が生きやすくなるための演劇教育』)

「『自画像』は勉強と違って正解はないし、掘り続け、深め続けることができるので、とっても難しかったです。先生の助言の意味をなかなかくみ取れず、いつも家では半泣き状態でした。でも、自分と真剣に向き合う時間が増えました。今まで考えてこなかった自分の気持ち、性格、意思が見えてきたときはとてもうれしかったです。

一見、自分のことばかり考えてるように見えたけど、自分について考えることは、周りと自分の関係を考えるので、結果的に周りの人達のことを考えていました。なので自分に向き合った分だけ、相手と向き合ったことになるんじゃないかと思いました」

「私は掘り下げるということの意味が分からなかったのですが、いろんな人のお話を聞いて一番しっくりきたのが『疑う』ということです。私は人前で委縮してしまうのですが、それはなぜか、ということについて考えるところからスタートして、いろいろ考えていくうちに、今まで流してきたいろんなことが、けっこう関係していることに気付くことができました。昔のいろんな出来事や、そこから出てくる感情にびっくりすることもありました。自分のことは自分しか分かってあげられないはずなのに、私自身ですらも私のことを全然知らなかったように思えました」

(板井海奈)

※新型コロナウイルス拡大防止のため、インタビューはWEB経由で実施し、写真撮影は感染防止対策をとった上で、短時間で実施しました

【プロフィール】

石井路子(いしい・みちこ) ドラマティーチャー。福島県立いわき総合高等学校教諭として、高校生とプロの演劇人の協働を通じ、飴屋法水作『ブルーシート』(第58回岸田國士戯曲賞受賞)など多数の作品を世に送り出した。2014年度より大阪府追手門学院高等学校表現コミュニケーションコース教諭。著書に『高校生が生きやすくなるための演劇教育』(立東舎)。


この特集の一覧
関連