【デジタル教科書革命】 実証進む小学校の現場から

GIGAスクール構想による1人1台環境の整備が前倒しとなり、次のステップとして注目を集めているのが学習者用デジタル教科書。文科省では、次に小学校の教科書が改訂される2024年度に、学習者用デジタル教科書の本格導入を目指す工程表を作成した。すでに一部の教科では学習者用デジタル教科書が発行され、学習効果の検証が進んでいる。学習者用デジタル教科書で、子供の学びや授業はどう変わるのか。実証校を取材した。
この特集の一覧
 ・デジタル教科書革命 実証進む小学校の現場から
紙とデジタルの双方の良さを生かす
机の上には紙の教科書とノート、そして、タブレット端末に映し出されたデジタル教科書が並んでいる。

横浜市立東汲沢小学校(丹羽正昇校長、児童437人)では、6年生の国語でデジタル教科書を使った授業を試験的に実施している。この日の授業の教材は、光村図書の教科書に収録されている「『鳥獣戯画』を読む」(作・高畑勲)。単元の目標は、文章の構成に着目して読み取り、最終的に相手に伝わるように文章表現を工夫して書くことだ。

この日の授業は全9時間構成のうちの3時間目。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。