【ソロモン諸島編】人懐っこく明るい生徒たち


この特集一覧
 ・世界の教室から「ソロモン諸島編」
任地はマキラ島キラキラ
2014年、私は数学教師として教壇に立つため、JICA海外協力隊としてソロモン諸島にやってきた。それまで青森県の中学校で数学教師として働いていた私は、小さいころから海外への関心が高く、「途上国の学校を見てみたい!」という思いで協力隊としての活動を決めた。

首都ホニアラの小さな空港に降り立った時、蒸し暑い風が吹き抜けた。見上げると、青空が広がっていた。迎えの車に乗り込み、がたがた道を進んだ。道の両脇には野菜やココナッツを売る木造の簡素な小さな屋台がたくさん並んでいた。しばらく走ると、海が見えてきた。

大小1000ほどの島々からなるソロモン諸島はオーストラリアの北東に位置しており、首都ホニアラは、第2次世界大戦時に日本と米国が戦闘を行ったガタルカナル島にある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。