新時代の授業や行事を望む声、コロナ契機に 教育新聞読者調査

新型コロナウイルスの感染拡大を契機に、多くの学校行事が中止や規模縮小を迫られた今年度。一方で、教員にとって過度な負担となっていた学校行事が、本当に必要なものであったのかを問い直す機会ともなった。教育新聞は昨年12月、定期購読者を対象にウェブアンケートを行い、「ポストコロナ時代の教育」をテーマに、学校行事など慣例の見直しや、GIGAスクール構想に伴う1人1台環境の到来などに関する現場の教員の意識を聞いた。全国の教諭や管理職など157人から得た回答では、学校行事の見直しに多くの支持が集まった一方、1人1台端末の活用については、自信のある教員とそうでない教員が分かれる結果となった。
「儀式的行事」には縮小やオンライン化を望む声
学校行事については①入学式②卒業式③始業式④終業式⑤運動会・体育祭⑥文化祭・合唱祭⑦遠足⑧修学旅行⑨校外学習⑩授業参観の10項目について、それぞれ行事の準備も含め「現状のままでよい」「規模を拡大」「規模を縮小」「一部または全部をオンライン化」「廃止」のうち、自分の考えに最も近いものを回答してもらった=図1=。

その結果、入学式・卒業式・始業式・終業式などの儀式的行事は「規模を縮小」「一部または全部をオンライン化」といった回答が多く寄せられた。入学式・卒業式は「規模を縮小」の割合が7割弱と高く、始業式・終業式は「規模を縮小」「一部または全部をオンライン化」がそれぞれ3~4割を占めた。また、保護者が参加する「授業参観」でも、回答に同様の傾向が見られた。

また、運動会・体育祭など健康安全・体育的行事、文化祭・合唱祭など文化的行事についても、「規模を縮小」がそれぞれ7割、6割と多くを占めた。文化祭については「一部または全部をオンライン化」も1割超を占め、文化的な学習や活動の成果をオンラインで発表するという方法が、一部で浸透しつつあることがうかがえる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。