【北欧の教育最前線】探究学習でウィキペディア執筆

日本の新しい高校学習指導要領では「総合的な学習の時間」が「総合的な探究の時間」となり、「理数探究」「古典探究」「地理探究」など、「探究」を重視する方針が打ち出されている。スウェーデンの高校でも探究的な学習は行われており、学習を生徒の進路や社会と結びつける重要な機会になっている。
この連載の一覧
 ・北欧の教育最前線
次の進路に直結する学習

探究的な学習は、全学科必修の「高校活動(gymnasiearbete)」という科目で行われる。高校での学習を締めくくる卒業論文・卒業制作のような活動だ。

教科横断的な学習は以前から行われていたが、高校活動は2011年のシラバス改訂で、各学科の専門教育を重視し、進路に結びつく学習を行う科目として設定された。この科目では、高校卒業後の就職や進学の準備ができたことを示すことが狙いとされ、生徒は高校で得た知識やスキルを総動員して、専門分野の作品づくりや課題解決、論文執筆に取り組む。

職業系の学科では、15週間の職場実習の延長で、各職場で作品作りや課題解決に取り組むことが多い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。