【特別支援×ICT】言葉以外の表現を広げる

ICTは、今までうまく見いだせなかった子供たちのアイデアや表現を引き出すツールになる――。知的障害のある子が通う都立石神井特別支援学校の海老沢穣教諭は、そう語る。2014年からiPadを活用した実践に取り組んでいる海老沢教諭に、「レゴブロックを使った物語づくり」など、これまでの実践や子供たちに起きた変化について聞いた。(全3回の第1回)
この特集の一覧
 ・子供の表現を引き出すツールに 特別支援教育×ICTの可能性
2014年からiPadを使った実践をスタート
――14年からiPadを使ってさまざまな実践をされていると伺っていたので、すでに1人1台に近い環境が整っているのかと思っていたのですが……。
そうなんですよ、まだ31台しかありません。本校の児童生徒数は195人なので、この台数では全く足りていないというのが実情です。もう教員間でいつも取り合いです。
――当時はiPadを導入している学校も少なかったと思いますが、どのような経緯で導入されたのでしょうか。

知的障害のある子供たちは、特に抽象的なことの理解が難しいのですが、視覚的な支援があると明らかに理解度が高まります。iPadを導入する1~2年前から、授業では写真やイラストが入ったパワーポイントのスライドを見せながら説明をしていました。

また、美術の授業ではライトドローイングなどにも取り組んでいました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。