【ソロモン諸島編】 カンニング、おしゃべりなどに対策


この特集一覧
 ・世界の教室から「ソロモン諸島編」
歌うことが生活の一部
金曜日の朝、職員室では週1回の職員朝会が行われている。教室ではリーダーが前に出て、生徒たちが賛美歌を歌っている。とてもきれいな歌声でハーモニーを奏でている。

ソロモン諸島では95%の人がキリスト教で、毎週日曜日の朝早くから教会にお祈りに行く。私も時々参加させてもらったが、誰でもウエルカムで快く迎えてくれる。神父の話を聞き、みんなで賛美歌を歌う。朝から心が洗われる気がする。心地よい時間が流れていた。

だから、歌うことが生活の一部となっているソロモン諸島の子供たちは歌がうまい。学校では金曜日の朝だけホームルームの時間がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。