GIGAと35人学級 鈴木寛氏「教員は非連続な学び直しを」



新型コロナウイルス感染症の猛威が続く中、2021年が幕を開けた。学校現場では、新年度に向けてICT環境が急ピッチで整備され、1人1台端末を活用したGIGAスクールが本格的にスタートする。小学校全学年の35人学級への段階的な移行が始まると共に、16年ぶりに教職員定数改善計画が策定され、自治体は正規教員の計画的な配置がやりやすくなる。ICTインフラや制度の改善が進む中、元文科副大臣・前文科相補佐官で、東京大学と慶應義塾大学で教える鈴木寛教授は「次は教授法や教員自身といったソフトとヒューマンのところを非連続に入れ替えなければいけない。それには体系的で集中的な教員の学び直しが必要になる」と指摘する。キーワードは「非連続」。加速し始めた学校現場の変化と、それに対応する教員の学び直しについて聞いた。

(聞き手・教育新聞編集委員 佐野領)


16年ぶりに教職員定数整備計画を策定する意義
――小学校全学年で「35人学級」が来年度から5年かけて実現します。40年ぶりに学級編制が見直され、16年ぶりに教職員定数整備計画がちゃんと策定されることになりました。
中学校について決められなかったのは残念でした。「35人学級」は、事実上、従来の加配定数を基礎定数に移す意味合いが大きいので、教員数の実質増は小幅にとどまりますが、計画的に教員を採用できるようになります。その意味で、小泉政権で見送られて以来、16年ぶりとなる教職員定数整備計画の策定は非常に重要だと思います。

大事なのは、これで正規の常勤教員を採用できるようになることです。教員の志望者が減ってきている背景には、長時間勤務を強いられながら、保護者の心ないクレームに傷つけられ、「その上、非正規雇用なのか」という問題があるわけですが、長時間勤務や保護者対応にはいろいろな手を打ち続けるとして、少なくとも正規教員の身分保障がしやすくなるのは、極めて大きな意義があると思います。

最初から、それをもっと言えばよかったんですけどね。教員の基礎定数を増やすための「算定基準としての学級規模の縮小」と「指導法としての少人数指導」との議論がぐちゃぐちゃになってしまい、その整理をしきれないまま予算折衝の期限を迎えてしまったのはちょっと残念でした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。