【3.11から10年】相馬高校の卒業生 荒優香氏に聞く

〈そっちには行かせられない〉〈放射能あぶないじゃない〉。福島県相馬市の県立相馬高校の生徒が震災の3年後に制作した映像作品『これから。』は、福島第一原発の事故が引き起こした分断がテーマだった。疎外感、悔しさ、もどかしさ……被ばくの不安とともに生きる高校生の視点が、人々を隔てる「見えない壁」を浮き彫りにしていた。自分たちを置き去りにする社会に向かって声を上げた生徒たち。大人になったいま、何を思うのか。

この特集の一覧

 ・3.11から10年


「発信していくことが大事」と思えるまで

「世の中は『がんばろう東北』という流れで、そんなに頑張れないよと、もやもやしていました。高校に入って、先輩たちが芝居で叫んでいる言葉が、すっと胸に落ちてきた。自分たちの心をちゃんと伝えられている気がしたんです」

現在24歳の荒優香さんは、福島県相馬市の実家で暮らしていた中学2年生のときに東日本大震災に遭った。県北部の相馬市は避難区域には入らなかったが、原発事故は生活を直撃した。「祖父母が農業をやっていて、お米を作っても売れなくなった。風評被害もありますが、食べてもらっていいのかと心配していた。野菜も捨てたりしていました」。

2012年4月、原発から約45キロの場所にある相馬高校に進学。……