【海外の教育ニュースを読む】 数学で探究学習は有効か? 豪で論争

 英国の新聞『The Guardian』が2月12日付で、オーストラリアで数学の教授法を巡って論争が起こっていることを伝えている(「Cracking the formula: how should Australia be teaching maths under the national curriculum?」)。

 オーストラリアの教育界で大きな問題となっているのは、数学における生徒の習得レベルの大幅な低下である。OECD(経済協力開発機構)が行っている学習到達度調査PISAの結果では、オーストラリアは20年前には11位であったが、2019年の調査結果では38カ国中29位にまで落ち込んでいることが明らかになった。03年以降、数学の習得レベルは一貫して低下している。ロバート教育青年省大臣代行は「オーストラリアの生徒の数学能力は、20年前と比べて平均で12カ月遅れている。これはとても受け入れられることではない」と語っている。

 こうした数学の学力低下に対処するために、オーストラリア政府は数学のカリキュラムの見直しを進めてきた。そして2月初旬に各州の教育相が集まり、新カリキュラム案について検討し、それを承認した。だが、ウエスタン・オーストラリア州の教育相は新カリキュラムが推奨する数学教授法に異を唱えた。現在、2つの数学の教授法を巡って教育界で論争が巻き起こっている。

 新カリキュラムでは「探究学習(inquiry-led learning)」や「課題解決型学習(problem-based leaning)」といった、「学生中心の教授法」が推奨されている。

 これに対して数学者や心理学者は、探究学習には「教授法として実際的な価値はない」と批判し、教師が最初に生徒に基本的な概念を明確に教える「教師中心の教授法」である「explicit teaching」を重視すべきだと新カリキュラムに異を唱えた。

 論争の中、昨年7月8日にオーストラリア数学科学研究所(AMSI)は、オーストラリア・カリキュラム評価報告庁(ACARA)に対して公開書簡を送っている。その中で「AMSIの一部の会員は探究学習をより重視する教授法を歓迎しているが、この教授法は数学能力の習得を犠牲にしたものだ。生徒が問題を効果的に解決するようになる前に、数学を習得する教授法が必要である」と指摘。「カリキュラムで特定の教授法を強制すべきではないと信じており、新カリキュラムは『exploring learning』や『problem-solving learning』の採用を強制的に採用するとしていることに、大きな懸念を抱いている」と、新カリキュラムを批判している。

 さらに同公開書簡は、「学生の数学能力の低下は中等教育を担当する資格のある教師の不足、高度な数学の授業を履修する学生の減少、都市と地方の学生能力のギャップなどが原因である」と指摘している。

 専門家の間でも2つの教授法を巡って論争が行われている。explicit teachingを支持するバララット・クラレンドン大学のアッシュマン副学長は「どうしたら良いか分からない学生に、自分で何かができるか分かる訳はない」「教師が指導する学習が多ければ多いほど、それだけ数学習得は良くなる」と、教師が学生に基本的な概念を最初に教える重要性を指摘している。またニューサウスウェールズ大学(UNSW)のスエラー教授は「オーストラリアの学生の数学のスコアの低下は探究学習を強調するようになってから始まった」と、アッシュマン副学長に賛成する発言を行っている。

 民間シンクタンクの「Center for Independent Studies」は昨年11月に「Failing to teach the teacher: An analysis of mathematics Initial Teacher Education」と題する研究報告を発表している。その中で数学習得レベルが低下しているオーストラリアの学校では探究学習が使われる例が多いが、学習レベルの高いシンガポールや香港では、そうした教授法はあまり使われていないと指摘している。

 これに対して探究学習を支持するモナッシュ大学のサリバン教授は「数学教育者の間の主流の考え方は、学生を中心とする探究学習による教授法は、決まったレシピに従って学習するよりも、自分自身で考えるという点で学生の能力開発を助けることになる。学生に何をすべきか命令することは、学生が自ら学ぶ最適な方法ではない」と反論している。

 こうした議論の中で、アッシュマン副学長は「カリキュラムは教育的に中立であるべきで、特定の教授法を強制すべきではない」と、イデオロギー過剰な議論に警鐘を鳴らしている。

 数学における探究学習の有効性を巡って、オーストラリアではまだまだ議論が続きそうである。


(中岡望=なかおか・のぞむ ジャーナリスト)

この特集の一覧

あなたへのお薦め

 
特集