【たこ焼き先生】 若き教務主任が見た学校の働き方

 非常勤講師として働きながらたこ焼き屋を開業した川人佑太さんは、教師としての歩みも一風変わっている。インタビューの第2回では、大学の事務職員を経て中学校の教員になったものの、若手にもかかわらず教務主任を任されてしまった「川人先生」の数奇な教師経験から、学校が変わっていくプロセスを浮き彫りにする。(全3回)

この特集の一覧

フリーター→大学事務職員→再びフリーター→そして教員へ

――教員免許は大学生のうちにではなく、社会人になってから取得したのですね。

 もともと大学は理系で、卒業後は大学院に進学するつもりだったのです。でも、いろいろあってフリーターになった後、公務員試験を受けて大阪大学の事務職員になりました。そこで人事の仕事を2~3年しているうちに結婚し、今度は学校の先生になりたくなって、明星大学の通信制課程で数学の教員になる勉強を始めました。その後、教育実習をしなければいけないので大学の仕事を辞めて、またフリーターに戻りました。結局、すぐに大阪市の教員採用試験に合格したんですけどね。

――国立大学の事務職員という安定した仕事を辞めてまで教員になりたいと思ったのは、どうしてですか。

 中学生や高校生のときは、学校の先生って基本的に嫌いな存在だったんですよね。高校は公立の進学校でしたが、先生はみんな「東大に行け、京大に行け」としか言わなかったので。でも、友達に勉強を教えたり、大学時代に塾講師のアルバイトをしたりしていたので、教えることは好きだったのだと思います。

 大学の事務職員の仕事を選んだのも、フリーターであっても公務員試験なら不利にならないという理由と、学生と触れ合うこともできるかなと思ったのがきっかけでした。ところが事務職員になったら人事の部署に配属されて、給与関係や業務改善の仕事をすることになったので、学生と交流する機会は全くありませんでした。

 それで、塾講師にでも転職しようかと妻に相談したら「塾は安定感がないからやめてほしい」と言われて、「学校の先生だったらいい?」と聞いたら「それならいいよ」と。そんなわけで、教員免許を取ることにしました。今思えば、あの頃の僕は、現場感を求めていたんだと思います。

学級担任にならないまま教務主任に抜てき

――そして、念願の教員の仕事に就けたわけですね。

教壇に立つ川人さん(本人提供)

 偶然にも、僕が着任したのは母校の中学校でした。教育実習もそこでやったのですが、給食が上の階から降ってきて、それを毎朝片付けるのが担任の仕事というくらい、当時はかなり荒れていました。

 あれは教員になって1年目の冬のことです。校長から呼び出され、「来年から教務主任の修行をしてほしい」と言われました。当時、学校が荒れていたこともあり、生徒指導に強い教員が多く配置されていて、教務主任が一人で教務の仕事を回している状況でした。その教務主任も次年度で異動になる可能性が高かったので、校長としては元大学事務職員でパソコンが使えそうという理由で、僕をその後釜に据えようと考えたみたいです。

 そんなこともあって僕は、中学校の教員をしている間に学級担任をしたことがないんです。

――2、3年目の教員が教務主任とはすごく珍しいと思いますが、本当は学級担任もやってみたかったのではないですか。

 もし、普通に2~3年目に学級担任をしていたら、今とは違う人生だったかもしれません。1年目の頃は「勉強を教えてほしい」という生徒に朝早くから補習をしたり、不登校だった子が学校に来られるようになったのがうれしかったりと、やっぱり楽しかったんです。

 教務主任になってみると、とにかく校務のほとんどは前任の教務主任と教頭で受け持っていたので、主任と名前が付く仕事のほとんどを教務主任が兼務しているような状態でした。ちょうどその頃、校長を中心に取り組んできた学校の立て直しも効果が出てきて、生徒が落ち着きを取り戻していました。

 校長は生徒に対して、「やるべきことはちゃんとやって、楽しむところは楽しみなさい」ということを徹底していました。以前は生徒全員で朝の学校集会を開こうにも、いつまでも生徒が集まらずに整列できないような状態だったのですが、1時間目の授業の開始時刻になっても全員が並び終えるまで辛抱強く待ち続けるなどして、規律を取り戻していきました。一方で行事はどんどん活性化させて、「目標を持ってがんばるのはかっこいいことなんだ」と生徒に伝えていました。すごい人だったと思います。

 そして、学校が落ち着いてくると、その機運に乗って働き方改革も進めることにしました。学校が荒れていたときは多くの教員が夜の9~10時くらいまで残っているのが当たり前だったのですが、夕方になると職員室で一目置かれているミドルリーダーの先生たちが率先して「もう帰ろうか」という雰囲気をつくってくれたのです。それで、みんなで働き方改革をやっていこうということになって、職員会議も午後5時で終えるようにしました。

――教務主任として、働き方改革に向けてリーダーシップを発揮したわけですね。

初任校で教務主任を務めた後、オンライン教育のノウハウを学ぼうと通信制高校に転職した川人さん(本人提供)

 僕自身はあまり積極的に働き掛けたわけじゃないんです。もともとイニシアチブを取るのは、あまり得意ではありません。逆に、何か変化の芽が出てきたら、その成長を促すということをやっていました。例えば、職員会議を午後5時に終えるという話が会議の中で出てきたら「それはいいですね」と、それとなく話の流れをそっちに持っていくような感じです。

 それから、パソコンの中に雑然と放り込まれていたファイルをフォルダごとに整理したり、会議室の山積みになっていたごみを片付けたり、そういうシンプルだけれど目に見えて変化が感じられるようなことをやっていきました。

 その後、属人化していた教務の仕事をマニュアル化して、僕が兼務していた教務主任以外の主任の仕事を、少しずつ他の先生に割り振るようにしていきました。

 学校が落ち着いて、働き方も改善されてきて、でも結局、僕は学級担任を受け持つことがないまま、異動の時期を迎えようとしていました。そのとき、僕は中学校の教員から通信制高校の教員に、2度目の転職を決意したのです。

(藤井孝良)

この特集の一覧

【プロフィール】

川人佑太(かわひと・ゆうた) 1987年、大阪市生まれ。大学事務職員として勤務中に教員免許を取得し、公立中学校の教員として教壇に立つ。その後、通信制高校に移籍。昨年に大阪府高槻市内で「100円たこ焼き」をオープンし、午前中は通信制高校や中学校の非常勤講師をしながら、午後はたこ焼き屋で店先に立つ。趣味はボディービル。一児の父。

あなたへのお薦め

 
特集