「SMART下敷き」が最優秀賞 高校生IoTアイデアソン

茨城県内の高校生が、生活のあらゆるものがインターネットと結び付く「IoT(Internet of Things)」社会に向けたビジネスアイデアを発案し、発表する「いばらぎIoTアイデアソン」が2月27、28の両日、つくば市の筑波学院大学で開かれた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。