海外留学促進でセミナー グローバル人材をどう育成するか

海外留学の現状や今後のグローバル人材育成、指導の在り方を考える海外留学促進セミナー(教育新聞主催、ISS(株)国際交流センター共催)が3月19日、東京都中野区の中野サンプラザで開かれた。テーマは「グローバル人材の育成にどう対応するか」。吉澤菜穂美文科省初中局国際教育課専門職は「トビタテ! 留学JAPAN」の学習状況をはじめとした高校生の海外留学最新情報を報告(役職は開催当日)。学校現場からは、渡邊武一郎日本大学三島高校・中学校校長が、自校の複数のグローバル教育事例を説明。中山力洋ISS(株)国際交流センター東京支店長は海外研修の最新動向とグローバル人材に求められる能力にふれた。(中央写真の3人は登壇順)

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。