(新しい潮流にチャレンジ)授業改善とアクティブ・ラーニング

その最も重要な課題の一つが、OECDが行った中学校教員の調査である(『国際教員指導環境調査(TALIS)』2013)。周知のように、この調査はわが国の教員の勤務時間最長という結果が示され、「チーム学校」や「学校業務改善ガイドライン」などに大きな影響を与えている。また、わが国の教師は授業研究に熱心で、生徒の授業参加もよい、とされる。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。