難関校や人気校が多い東京23区内の大学入試事情に、大変革が起こりそうだ。文科省が23区内にある大学の定員増を認めないとする、大学設置認可基準を一部改正する省令案を出したからだ。これについて、9月12日までパブコメを求める(本紙電子版8月18日付、紙版24日付既報)。6月に閣議決定した「骨太の方針2017」の中には、その方針が盛り込まれていた。問題の所在や影響は、どんなものだろうか。

公式SNS

16,285ファンいいね