学校マネジメントの行方を考える 懸念される企業型の強化

教育改革・改善に向けてさまざまな政策が打ち出されている。平成22年度の『文部科学白書』は、スポーツ立国の実現、成人の生涯学習の振興、子どもたちの教育の一層の充実、大学等の多様な発展といった方向を示している。いずれも重要な方向であるが、特に注目したいのは子どもたちの教育の充実である

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。