(教育時事論評)研究室の窓から 第7回 授業研究考

タイで開催された世界授業研究学会に参加してきた。99年に刊行された『ティーチング・ギャップ』において、日本の授業の水準の高さとその要因としての授業研究が称賛されて以来、日本の授業研究は世界中から注目を集めている。世界授業研究学会は、07年に香港で開催されたのを皮切りに、シンガポール、ブルネイ、インドネシア、スウェーデン、東京で開催されてきた。これらの国で授業研究学会が開催されるのは、日本に習った授業研究の取り組みがあるからに他ならない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。