(新しい潮流にチャレンジ)クロスカリキュラムをどう実践するか

中教審は8月、次期学習指導要領についての『論点整理』を公表したが、その内容には今後さらに論議すべき課題が残されている。その中で特に重要な課題と思われるのが、学校の教育課程編成にかかわる次の文言である。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。