次期学習指導要領の論点整理 安彦忠彦神奈川大教授に聞く

中教審の教育課程企画特別部会から昨年8月に次期学習指導要領を作成する上で議論のたたき台となる「論点整理」が示されたのを受け、学校種別部会や教科別のワーキンググループで具体的な検討が始まった。前回改訂時の中教審委員で、高校教育部会の部会長代理などを務めた安彦忠彦神奈川大学特別招聘教授に論点整理はどのように映ったのか、次期学習指導要領について聞いた。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。