(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース)子どもの貧困と学校の対応

「子どもの貧困」が大きな問題となっている。

3月14、15の両日、都内で開かれたシンポジウム「Kids’ Day JAPAN」(本紙3月21日付既報/電子版では3月15日付で)でも、奨学金や学力格差などの問題が大きく取り上げられた。だが学校関係者の関心は、いまひとつというのが実情ではないか。「子どもの貧困」問題に対して、学校には何ができるのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。