(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース)多忙よりも多忙感の解消を

教員の多忙化は、いまや無視できない問題である。教職員の負担軽減のためのハンドブックを作成した横浜市教委の取り組み(本紙4月25日付、電子版4月20日付既報)など、多忙化の解消を図ろうとしている教委も少なくない。だが、その効果は十分とはいえないのが実情のようだ。それでは、どうすれば教員の多忙化を解消することができるのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。