(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース)「ゆとり決別宣言」ミスリードからこそ決別を

馳浩文科相は5月10日、「教育の強靱化に向けて」と題した文書を公にし、見解を示した。本紙は電子版で同日、紙面版では5月16日付で、同文書について掲載した。

一般各紙は当日のネット版やその後の紙面版で「ゆとり教育から決別」「ゆとり決別宣言」といった見出しで、一斉に報じた。テレビ報道も同様だった。

これらの一般報道はしかし、文書の内容を適切に反映したものではない。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。