(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース)運動部活動改善事業廃止の真相

各省庁の予算の無駄を検証するために、中央省庁が外部の有識者を交えて検証する「行政事業レビュー」が、6月3日から28日まで行われた。文科省関連の事業については、6月21日に実施された。全体では、17機関69事業のうち、3事業が「廃止」と判定された。農林水産、環境両省の各1事業と、もう1つが、子どもの体力向上を目的としたスポーツ庁による「運動部活動指導の工夫・改善支援事業」だ(本紙6月27日付既報、電子版6月21日付)。行政事業レビューの結果は、来年度予算案の概算要求などに反映される。運動部活動をめぐる支援事業は今後、どうなるのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。