(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース)いじめの定義見直しで議論

文科省の平成28年度「いじめ防止対策協議会」は6月30日に第1回会合を開いた。その中で「いじめの定義」をめぐって、学校現場などに依然としてぶれがあることが指摘された(本紙では7月7日付、電子版では会合当日に既報)。「いじめは」、どう定義されればよいのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。