(新しい潮流にチャレンジ)学級経営は充実しているか

最近の学校は新任教員が多くなった。文科省の調査によれば、平成26年度の採用1年目の初任者教員は小・中・高校などで約2万8千人で、過去10年間で1.5倍に増えている。しかも、7割が学級担任になっているという(本紙6月13日掲載)。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。