(新しい潮流にチャレンジ)育成すべき資質・能力と実践課題

次期学習指導要領の審議がかなり進展していて、8月1日には中教審教育課程企画特別部会が「審議のまとめ(素案)」を審議した。特に注目されるのは全ての教科等で「育成すべき資質・能力」を共通の要素として学力の3つの柱に具体化していることである。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。