(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース)スクールロイヤーで予算要求

文科省は、平成29年度予算概算要求の中に、新規事業として「いじめ防止等対策のためのスクールロイヤー活用に関する調査研究」を盛り込んだ(本紙9月8日付既報、電子版での発信は9月2日付)。日本でもスクールロイヤー(学校弁護士)が活躍する時代が、来るのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。