(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース )教職員定数巡る文・財攻防

公立小・中学校の教職員定数を巡って、文部科学省と財務省の攻防が激しくなっている(本紙1面に記事、電子版では11月4日付既報)。実質的な「現状維持」として今後10年間で約4万9400人の定数削減を求める財務省。これに「学校現場の実態無視」と反論する文科省。両省の攻防は、どう決着するのだろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。