(新しい潮流にチャレンジ)部活動の正常化に向けて

「部活がブラックすぎて倒れそう—教師に部活の顧問をする・しないの選択権をください」という訴えが署名サイトから昨年末発信された。この若手グループの声はたちまち広まり、3カ月足らずで2万人以上の署名が集まったという。この署名は文科省に提出された。最近もある市の若手教員の残業時間は月平均90時間という調査結果が示されている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。