(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース )横浜原発いじめに疑問多々

東京電力福島第1原発の事故により、福島県から横浜市に自主避難していた現在中1の男子生徒が、避難時に転入した小学校でいじめに遭い、不登校になっていることが、同市教委の第三者委員会による調査報告で明らかになった(本紙電子版11月21日付、24日付、紙版11月28日付、12月1日付既報)。学校関係者が、今回のケースから学ぶべきは何だろうか。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。