(本紙編集局はこう読む 深掘り教育ニュース )教員がアクティブ・ラーナーに

次期学習指導要領に向けた中教審答申「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策について」が、昨年12月21日、北山禎介中教審会長・三井住友銀行取締役会長から、松野博一文科相に手交された。この3月には、新たな学習指導要領が告示される。2030年の社会に生きる今の子供たちを育むために、教育改革として大きく動く内容が、多く盛り込まれている。

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。